ねる前に読みたい絵本『ごはん ごはん』おいしさが伝わる食材に感動!

絵とは思えぬリアルな描写で見る人を驚かせる絵本『ごはん ごはん』内山悠子氏が描くお米が、一粒一粒まで丁寧に描かれていて、出てくるごはんがどれも美味しそう!特別豪華なメニューじゃなくても、食卓を想像するだけでワクワクさせてくれる1冊です。

今回は、ねる前に読みたい絵本にぜひオススメの『ごはん ごはん』の魅力をご紹介します!

『ごはん ごはん』
作:視覚デザイン研究所
絵:内山 悠子
出版社:視覚デザイン研究所
発売年:2017年6月23日
価格:1,200円+税

あらすじ

梅干しごはんに、まめごはん、納豆ごはん、ふりかけごはん…主役のごはんに、ちょっとした副菜汁物の献立がページを開くごとに紹介されます。

なんとページが縦にも開くしかけ付き。開くと、ごはんの絵がドドンとアップで大きくなって、さらに細かく見ることができます。感動も倍増です!

何と言ってもラストは一番のごちそう、炊きたてごはん!白いお米だけ?と思うことなかれ。縦に開くとそこにはなんと…子どもも喜ぶ宝石ごはんがっ!!?

ねる前に読むときココに注目!

いつもの献立よりシンプルなメニューが並んでいるのに、何とも魅力的な食卓なんでしょうか!ページを縦に開いて絵が拡大された時、思わず歓声が上がったほど。その食材一つ一つがとんでもなく美味しそうなんです!

「今度、さつまいもごはん作ってよ」「このピクルスおいしそうだね」なんて話をしながら、寝る前なのについつい盛り上がってしまいました。明日のごはんが楽しみになるような、心をワクワクさせてくれます。

注目すべきはもちろんごはん!と言いたいところですが、よく見るとテーブルクロスの柄まで全て手描きなのに驚きです。食器の質感も、箸置き一つ取っても、見入ってしまうほど。文章はシンプルですが、みどころたっぷりの1冊です。

Amazonで中身を見てみる


視覚デザイン研究所のたべもの絵本





まとめ

  • ねる前の絵本に『ごはん ごはん』がオススメ
  • 3才〜楽しめて、大人も魅了する1冊
  • おいしそうなごはんに盛り上がる
  • とにかくリアルな食材の描写に感動!
  • 明日のメニューが決まるかも!?

食いしん坊じゃなくても食いつく絵本『ごはん ごはん』は、子どものみならず大人も一緒に楽しめる作品です。ぜひ、ねる前の読み聞かせの1冊に選んでみてはいかがでしょうか。

では、おやすみなさい。


あわせて読んで欲しい記事

あわせて読んで欲しい絵本

切り絵のようなインパクトとその潔いタイトルが印象的な、北村直子氏の絵本『ワタナベさん』。主人公は紛れもない鍋。ナベだから、ワタナベさん。けどそんじょそこらの鍋ではない。お鍋一つで何でも作れちゃう、とってもイカした鍋なんです。 今回は[…]

赤いのれんにワタナベと書かれた絵本の表紙
あわせて読んで欲しい絵本

気の良いアイス屋さんのお兄さんこたろうが、まさかの地獄で大活躍する『じごくにアイス』。ナカオマサトシ氏の奇想天外な地獄でのお話と、澤野秋文氏の描くどこか気の抜けた鬼たちが笑える1冊です。 今回は、ねる前に読みたい絵本にぜひオススメの[…]

アイスを食べる鬼とエンマさまとこたろう